読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学って?

息子の留学。どういう準備が必要なんだ?何から始めれば?

エージェンシーでのカナダの話1。

勢いがついている私たちは、

翌休日に新宿区にある別のエージェンシーへGO!

 

ここでの話題は基本カナダのことでした。

ニュージーランドやオーストラリアを候補から外したわけでは

ないのですが、まだまだ、私たちが無知なカナダについて

知りたいという欲求が強かったのです。

 

このエージェンシーではいきなり

ノバスコシア州」について切り込んでみました。

 

担当「どの国に行かれるのかもう決まっていらっしゃるのですか?」

私 「ニュージーランド、オーストラリアかカナダを考えています。」

担当「そうなんですね。その中であればとくには希望はないのですか?」

私 「そうなんですが、やはりオーストラリアはちょっと費用が掛かりますよね。」

担当「そうですね。オーストラリアはこの中では一番かかりますね。でも、カナダも

   場所によりますが掛かるところもありますよ。」

私 「そういえば、カナダのノバスコシア州という場所は比較的費用がお安めと

   聞いたのですが・・・・」

担当「はっきり言って、カナダの中では1番安いですね。」

私 「安かろう悪かろうですか?」

担当「いや、悪くはないです。ただ、何もない場所です。この教育委員会だけは

   学校どころか、場所を指定できません。ですので、都市の学校に行けるかも

   しれないし、本当の田舎に学校に行くことになるかもしれません。

私 「田舎というのはどの程度のものなんですか?」

担当が写真を見せてくれて、

担当「どうです、何もないでしょう。勉強を集中してやる。ホストファミリーと

   四六時中一緒に過ごしてコミュニケーションもばっちり、という方には

   いい環境かもしれません。ただ、今現在住んで入るところが比較的都会で

   遊び場が少しはほしいと、ちょっとでも思っているかたにはきびしいかな。」

私たち「・・・・・」

担当「ちなみに、現在私どもの会社がサポートしている留学生がこの州にいます。

   電話で話したところ、場所を変えたいと言っていました。」

私たち「・・・・・」

 

前のエージェンシーの方はここまでのことは言っていなかったので、

ちょっと驚きです。

ただ、派遣先の環境やご本人の性格等もあるので、一概にここまでの話で

「この州は却下」

ということは言えません。

しかしこのように場所を変えたくなる可能性もあるわけですよねー。

 

担当「カナダの他の場所はどうですか?

(続く)